和歌山県がIR事業者と開発計画立案を発表

公開されました January 27, 2021

和歌山県がIR事業者と開発計画立案を発表

貴重な日本の市場は、大規模なモデルとメリットを備えた賭博規制に、慎重に取り組んでいます。

日本のIR実施アプローチは、誘致表明都道府県が国のIR規制アプローチ計画を発表することで、さらに具体化しています。

和歌山県のIR計画

長崎県がIR実施計画を発表したのに引き続き、和歌山県は先週木曜日にIR実施計画を発表し、2026年春までにIR開業予定という、楽観的な開業目標を掲げました。

パンデミックの遅延は避けられず

和歌山県は、パンデミックによるタイムラインの変更はないという前安倍首相の当初の信念を信頼し、IR事業計画に邁進しています。

しかし、パンデミックが明らかに引き起こした経済的な不足により、組織的かつ官僚的に進む最善の計画予定を埋め合わせることは不可能でした。

残った事業者候補

当初3つのライセンスを争っていた4か所の候補地から、パンデミックによる経済的な問題が原因で、構想初期に最有力候補であったバリエールとブルームベリーが撤退し、事業者2社に削られました。

サンシティグループとクレアベスト・グループのみが残ったため、競争がなく、和歌山県自体の収入が抑えられる可能性があります。

突き進む

認可賭博をその活動に組み込む、魅力的で多目的の娯楽施設の計画は、郊外の自然の魅力に焦点を当てた包括的な「Sports & Wellness」のテーマによって推進されるよう、県によってお墨付きとなっています。

申請プロセスの遅延

国からのIRライセンスの申請期間の9カ月の遅延により、提出期限は10月21日に延期されましたが、開発予定地のマリーナシティはすでに確保されて開発の準備ができているため、2026年春の開業プランは現実的な見通しです。

開業の準備万端

和歌山県のIR推進事業の次のステップは、事業者コンソーシアム構成員の選定と、春の優先権者合意の締結です。

起工

都道府県から国への免許申請の提出は2022年4月に予定されており、和歌山県のライセンスを取得したIRコンソーシアムに土地が引き渡しされ、2023年春に着工というスケジュールが組まれています。

見通し

まだ遠い先のことのように思えますが、驚異的な規模の事業と都道府県ごとの複合的テーマの取り決めは、日本が国の規制当局と地方の法的指針に受け入れられる形で、ゲーミングがもたらす追加収益のメリットを活用する方法を示しています。


はい!限定ボーナスやプロモーション、ニュースについて知りたいです。

SUBSCRIBE