オンラインギャンブルの歴史

オンラインギャンブル業界の初期から今日までの歴史を学ぶ。

オンラインギャンブルのサイトは1990年代初期から長い道のりを歩んできました。しかし、どのように、あるいは誰がその進化の中心にいたのでしょうか?インターネットギャンブルが生まれてから最初の数十年に起きた重要な事柄を見てみましょう。

パイオニア

最初のオンラインカジノのライセンスは1994年にアンティグア・バーブーダというカリブ海に浮かぶ小さな島国に与えられました。これはアンティグア政府が自由貿易と加工法案を通過させたことで可能になりました。当時は重要なステップには見えませんでしが、現在では未来を見据えものに見えます。

同じ年に、現在の有名なソフトウェア会社Microgamingが設立されました。インターネットギャンブルに特化した小さな会社として始まりました。しかし、その初期から急速に拡大し、現在ではネット上の多くの主要カジノやギャンブルサイトにゲームを提供しています。

もっとも長く続いているオンラインカジノの1つが1996年に誕生したInterCasinoです。それより2年前に、Micogamingがゲームを提供し、ジブラルタルで免許を与えられ規制されていたThe Gaming Clubなどいくつかのカジノがすでに開業していたと考えられています。

グローバルな規制

オンラインギャンブルの人気の高まりに対し、カナダが最初にグローバルな規制の制度が必要なことを理解しました。1996年に免許取得事業者が法と規制を支持し、セキュリティと責任あるプレイを約束することを保証するためのカナワキ・ゲーミング・コミッションを設立しました。

インターネットが初期のダイアルアップやスロット接続から、ケーブル、ADSLやその他の高速接続に変わるに従い、オンラインギャンブル業界も成長しました。1998年には、世界のインターネットギャンブル業界は全体で$8億3400万を稼ぎ出し、直後に$10億を超えるとそれ以来下回っていません。

現実世界からネットへ

Intertopsのような90年代後期や00年代初期に成功した会社の多くは、実際に地上にあるものから進化したものでした。このオンラインスポーツベッティングサイトは1983年から電話による賭けを受け入れていたので、1996年にインターネットへ移行するのは簡単なことでした。

1998年までに、Party PokerやPokerStars主要なオンラインポーカーカンパニーはそれぞれの特色を出すようになりました。Party Pokerの親会社であるParty Gamingはロンドン証券取引所に上場された最初のゲーム会社になりました。

法的な争い

インターネットが発展するのに従い、いくつかの国はそれに適応するのに苦労しました。アメリカでは、50州内でオンラインギャンブルを効果的に禁止するための法案を連邦議会で通して以来、業界の未来を賭けた戦いの場となっています。しかし、司法省が個々の州が(ネバダやニュージャージー)独自の法律を作ることを可能にしたことでゆっくりと変化が起きています。また、連邦政府のそれに対する変革も起こりえます。

ヨーロッパではオンラインギャンブルに対しより協力的でした。欧州連合はその加盟国がその競争に関する問題とオフショアのゲーミングサイトの利用に協力的であることを保証しました。世界のその他の地域はその業界の可能性と盛り上がりを理解し始めています。

はい!限定ボーナスやプロモーション、ニュースについて知りたいです。